セレナについて

賢い購入方法

見積を取る

セレナを賢く購入するためには見積を取るというのが重要になります。
しかし、ただ見積を取るだけでは意味がなく、必ず複数の販売店から見積を取りましょう。
販売店によってセレナの見積額は異なるので、比較対象が多ければ多いほど安く購入できる可能性が高くなります。
ただ、販売店に行って見積を取るとなると非常に面倒ですよね?
数が多ければ多いほど時間がかかりますし、手間もかかってしまいます。
そのため、セレナの見積を取る場合は一括見積サイトを利用されてください。

車の一括見積サイトを利用することによって、複数の販売店にまとめて見積を依頼することができます。
後は複数の販売店から入手した見積を比較して、最も安い金額のところで交渉を行えばOKです。
わざわざ販売店を回る必要はないので時間を大幅に節約することができますし、営業をかけられることもありません。

また、複数の見積を入手することで、価格交渉の時に有利になります。
例えば、その販売店が他社よりも高かった場合、「A店は〇〇万円でした」と伝えることで、それを上回る値引きをしてくれます。
本来であれば、値引きが難しいセレナでも簡単に値引きをしてくれるので、絶対に複数の販売店から見積を取るようにしてください。



ライバル車の価格をチェック

セレナの価格交渉をする前に知っておきたいのがライバル車の価格です。
ライバル車というのはセレナと比較されることが多い車のことです。
例えば、トヨタのノアやヴォクシー、ホンダのステップワゴンなどがセレナのライバル車に当たります。
ライバル車の価格を実際に販売店に行ってチェックすることで、セレナの価格交渉で有利になります。

まず、営業マンにセレナに興味があるが、ノアやヴォクシーにも興味もあるというのを伝えましょう。
そうすると営業マンはセレナを購入して欲しいので、値引き交渉に応じてくれます。
これがもしライバル車の話をしない場合、このお客さんはセレナ1本だから高くても買ってくれると思われてしまいます。
そうすると値引きするのは難しくなり、価格交渉が振りになります。
また、ライバル車を伝えることで、車を購入する意思があることを示すことができます。
営業マンは車を購入する意思がある人には積極的に交渉に応じますが、意思が感じられない人には時間の無駄だと判断して交渉に応じてくれません。
そのため、車を購入する意思を示すためにもライバル車の価格チェックは重要なのです。

もし、それでも値引き額に不満がある場合は、オプションやサービスなどの交渉に移るというのも1つの方法です。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁